岩槻作業所の特徴

平成6年から岩槻市(現岩槻区)に作業所を開設し、ユニオン建設㈱の基で修繕・改良・新設・土木工事を行い、平成10年から省力化軌道工事・修繕・改良工事を行っています。若手従業員も多く活気のある作業所になっています。大型の機械を毎日使用して作業を行っていますが、安全を第一に従業員一同取り組んでいます。

JR金町保線技術センター管内
 ユニオン建設㈱ 金町出張所

所在地 埼玉県さいたま市岩槻区慈恩寺863-4
人員数 25名
資格者取得者数
線閉責任者1名
軌道工事管理者6名
軌道作業責任者13名
列車見張員7名
特殊運転者9名
軌道機械操作者2名
JR重機運転者12名
車両系建設機械10名
小型移動式クレーン12名
玉掛け12名
フォークリフト11名
現場箇所 作業現場 常磐快速線南千住~松戸間  
作業基地 金町駅構内金町基地

1日の流れ

23:00 岩槻作業所にて出発前点呼 その後現場へ移動
0:00 各現場にて現場点呼実施
1:00 線路内へ立入り作業開始
4:00 線路外へ退出作業終了
5:15 作業所へ帰社(昼の作業がある場合は)金町休憩所で仮眠
7:00 金町基地内にて準備作業
11:00 岩槻作業所へ帰社(作業内容により時間は変わる)
責任者は金町出張所にて施工前ミーティング等を実施

事務所と作業風景

S M I L E
~すべては人から未来はここから~
岩槻・八王子作業所ではみんながSMILEになれるよう互いの気持ちを考え、
キツイことがあっても最後に皆で笑顔になれるように一致団結していこうと目標を持って取り組んでいます。