日総建の特徴

特に機械化施工を得意にしています

 

機械化施工の経験と技術

機械化施工の豊富な経験を基に、熟練の技術を活かして施工しています。1現場で多くの機械を使用して作業をしますが、従事員の安全・周囲の設備を常に考え、施工困難箇所への挑戦も行っていきます。

誘導員の的確な指示

重機械を使用する上で大切なのが、誘導員の適切な指示となります。線路上には、色々な設備がありまた、周囲の作業員との接触を防ぐために、確認を怠らず指示をだします。

仕上がりを大切にしています

スラブ軌道と同様の仕上がりへ

機械化施工の豊富な経験を基に、バラスト区間の軌道をスラブ軌道と同様の仕上がりにしなくてはなりません。
仕上がり基準値が厳しくなっているため、経験と技術が必要となります。基準値内へ収めるように施工を行っています。

点呼・指示を明確に

分かり易く必要な情報の伝達を

現場で作業をするためには、当日の安全に対する情報と
作業に対する情報を的確に従事員に伝えなくてはなりません。
必ず守らなければならない事を筆頭に伝えていきます。
責任者がホワイトボードを作成し、従事員へ伝達しています。
日総建では、点呼をしっかりと行い、みんなで情報共有を図っています。